卓上水車1/f

水と木とメロディーのアンサンブル『卓上水車1/f』

五感と『1/fゆらぎ』

水の流れる音や波の音、小鳥のさえずり、風にそよぐ枝葉など聞くと気持ちが落ち着いたり、清々しさとか心地よさを感じることはありませんか?

これは「1/fゆらぎ」というものによるものだと言われています。
ろうそくの炎の揺れ方、電車の揺れ、蛍の光り方などの自然現象の中にも「1/fゆらぎ」は見出されます。
また、日本家屋に入ったり、日本庭園を見ると気持ちが落ち着いたり、なんとなく「いいな」という感じにになるのは、柱や天井、壁などの木目や庭石、庭木、砂利などの配置による「ゆらぎ」ではないかといわれています。

「1/fゆらぎ」の研究者、武者利光氏によると、「ゆらぎ」とは「ものの変化、そしてその変化が不規則な様子」であり「予測できない変化」であるそうです。この「ゆらぎ」には数種類あり、周波数の大きさとパワーの間に、逆比例の関係が見られる「ゆらぎ」が「1/fゆらぎ」ということで、変化の周波数が大きい成分ほどパワーが小さく、逆に、変化の周波数が小さい成分ほど、大きいパワーを持っているとのことです。

そして森羅万象すべて……水の流れ、風、波の音、鳥の鳴き声、雨音から、宇宙の天体の動きなどには「1/fゆらぎ」があるというのです。
心拍の変化など人の体の活動のリズムも「1/fゆらぎ」に密接に関係していて、そのため、体のリズムと同じ「1/fゆらぎ」は、私たちにとって心地よい気分になると思われます。

 

人間の生体は五感を通して外界から1/fゆらぎを感知すると、生体リズムと共鳴し、自律神経が整えられ、 精神が安定し、 活力が湧くと考えられている。精神・心理的変化(Mental /Psychological transition: 鬱状態から回復へ精神・心理的状態が変化)時の人間が描いた絵画などに1/fゆらぎが表現されたケースを科学的に示した例がある。

水と文明

私たち人間や地球上の動植物にとってはは、『水』は欠かすことのできないものであり、多くの恵を受けています。
古代の人々は農業、移動・運搬手段、生命維持に必要な水を求めて、次第に豊かな『水』をたたえる大きな川の流域に集まり、やがて古代文明へと発展していきました。
時を経て産業革命の初期には、本格的に『水』を動力とした、綿糸の生産用に水車の紡績機も開発されました。
日本でも、恵みの雨だけを頼りにしていた農業が、縄文時代末期ごろから進歩した灌漑技術により、安定的な水の供給によりお米の収穫量が飛躍的に向上しました。
灌漑や用水路を築くには、多くの人手が必要な事から、集落が形成され、人々の生活が大きく変化し、日本の社会の基礎が形成されたといわれています。

卓上水車1/f

『1/fゆらぎ』の発想から生まれたオルゴール

自然の木木目、水の流れ、水車(水車)の回る風景全てに「1/fゆらぎ」を感じる
究極の癒し 『1/fゆらぎ』を求めて「水」「木」「メロディー」のアンサンブル

この部分加筆修正あり

知的財産スペースの活用例

お正月
ひな祭り
端午の節句
お祭り
和風
箱庭

『卓上水車1/f』仕様

形式 ???シリンダーオルゴール
外形寸法 幅650mm 奥行き400mm 高さ410mm(水車部285mm)???シリンダーオルゴール
重さ 約5kg(水車駆動用水を含まず)
材質
電源 AC100V(汲み上げポンプ駆動用)

オプション

■水車(水ぐるま)
左から・・・・・・・・・・

■知的財産スペース用ステージ
材質ら・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

メモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモ
======================================================================================

『卓上水車1/f』とは

現在、癒しに「1/fゆらぎ」が非常に注目されています。前述のように、「1/fゆらぎ」が私たちの五感を通して、

電気を使わず、アナログで

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

森の中で耳にする音
風にそよぐ枝葉
小鳥のさえずり
小川のせせらぎ…
それらの心地よい波長は「1/f ゆらぎ」と呼ばれる
自然のハーモニーを奏で
私たちに安らぎと快適感を与えてくれます。

また現代においても、音楽は認知症患者への良い刺激になるという報告もあります。
自閉症や失語症、うつ病の治療や緩和にも取り入れられています。

日ごろは自然から離れて生活している人でも、波の音、小鳥の鳴き声や小川のせせらぎ、葉がこすれる音など自然が生み出す音を聞くと気持ちが穏やかになったという経験があるのではないでしょうか。。

その理由は、私たちは自然の一部であるからです。
このことは、私たちは自然の力に生かされ生きていくことをまさに証明していると言えます。

音や音楽を私たちが心地よい、癒されると感じるには「1/fゆらぎ」という超音波が関わっています。
ここからは、音や音楽と「1/fゆらぎ」が人体に及ぼす関係性とその効果についてみていきましょう。

https://www.mochihada.co.jp/column/224
引用元:1/fゆらぎ – フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://www.suntory.co.jp/eco/teigen/jiten/life/02/

【知ってた?】波の音に隠されたすごい効果!

五感と1/fゆらぎ

また、水の流れる音には「1/fゆらぎ」と呼ばれる人の心をリラックスさせる効果を持つ波形が含まれていることが知られています。

////////////////////////////////
開発により安定的に田畑に水を供給できるようになったことで
縄文時代、かんがい技術の進歩により稲作は日本の社会をつくり上げ、「米」は日本人にとって大切な食料となっています。
それまでの農業は、いわゆる恵みの雨だけを頼りにしていましたが、灌漑の開発により安定的に田畑に水を供給できるようになったことで、収穫量は飛躍的に向上しました。また、灌漑や用排水路を築くためには共同作業が必須なことから、集落が形成されるなど、灌漑農業の存在が人々の生活を大きく変えたといわれています。
古代文明は、豊かな『水』をたたえる大きな川の流域で発展しました。農業、移動・運搬手段、生命維持

私たち人間や地球上の動植物には欠かすことのできないものであり、水から多くの恩恵を受けています。
水の恩恵に
世界四大文明を築いた古代の人々は、不安

『水』は、私たち人間や地球上の動植物には欠かすことのできないものであり、豊かな水をたたえる大きな川の流域で古代文明は発展しました。
古来から『水』は、農業、移動・運搬手段、生命維持に必要不可欠なものであり、時を経て産業革命の初期には、本格的に『水』を動力とした、綿糸の生産用に紡績機も開発されました。
縄文時代、かんがい技術の進歩により始まった稲作は日本の社会をつくり上げ、「米」は日本人にとって大切な食料となっています。

癒しの効果「1/fゆらぎ」

五感と1/fゆらぎ

『水』の流れる音には癒しやリラックス効果を持つ「1/fゆらぎ」の波形が含まれていることが知られています。
雨音や波の音小川のせせらぎ、木洩れ日にも

卓上水車1/f

「水」「オルゴール」「木」、癒しのアンサンブル

木々のせぜらぎやの流れる音には

自然界における1/fゆらぎとは、例えば水の流れる音や木々のせぜらぎ、ろうそくの炎が揺れる様などリラックスできるものの中にあるとされています。また私たちの心臓の鼓動にもあることから、それは人間が生まれた時から持っている生命のリズムと同波長であると言われます。

このような心地よい音を聴かせると、脳からアルファ波が出たり、牛の乳の出が良くなったり、植物の成長が早くなったり、お酒が美味しくなることが報告されています。

絶妙な木目の間隔が生み出す“1/f ゆらぎ”

そのほか「1/fゆらぎ」著名な歌手の歌声やクラシック音楽、木目、波音に加え、小鳥のさえずり、雨音、電車の揺れ、キャンドルの炎の揺れ、等々。

変わったものでは「木目」も「1/fゆらぎ」効果があるそうです。

よくよく考えてみると、木目調の空間だと落ち着きますよね。

カフェなどでも、木の造りだとリラックス出来そうな雰囲気がしますよね。

暖かく柔らかい印象もたらすそう。

がは、生活全般に加え、

こうした水の流れる音には「1/fゆらぎ」と呼ばれる人の心をリラックスさせる効果を持つ波形が含まれていることが知られています。

この1/fゆらぎは 快適性と関係があることが判明している[7][8]。人間の生体は五感を通して外界から1/fゆらぎを感知すると、生体リズムと共鳴し、自律神経が整えられ、 精神が安定し、 活力が湧くと考えられている

ストレス社会
水の歴史

生活に必要を中心とした癒しスポットが多く、川や滝、海はヒールスポットとして今も人々の心を和ませてくれます。

大切なものとして大事にされ、時を経て産業革命の初期には、本格的に『水』を動力とした、綿糸の生産用に紡績機も開発されました。

縄文時代、かんがい技術の進歩により始まった稲作は日本の社会をつくり上げ、「米」は日本人にとって大切な食料となり、

世界四大文明を築いた古代の人々は、不安定な狩猟生活よりも畑を耕して暮らすことを選びました。豊かな水をたたえる川の流域は、温暖で飢えることのない理想の土地だったのでしょう。

古来から人は川や海の沿岸を中心とした水の豊かな地に文明を築いてきました。 人の紡ぎだす営みすべてにおいて、水は欠かすことのできない存在です。 時を経るにつれて水を動力とした設備が作られるようになり、庭園技術等の発展に伴い水は積極的に生活へ取り入れられてきました。 現在は水を中心とした癒しスポットが多く、川や滝、海はヒールスポットとして今も人々の心を和ませてくれます。

時を経るにつれて『水』を動力とした設備が作られ、産業革命の初期には、綿糸の生産用に本格的な水力による紡績機も開発されました。
縄文時代、かんがい技術の進歩により始まった稲作は日本の社会をつくり上げ、「米」は日本人にとって大切な食料となり、

「水力紡績機」
採集・狩猟・漁労を主とする時代でしたが、

基本的には採集・狩猟・漁労を生業とする食料採集経済でした。弥生時代に水田稲作農耕が開始されたことにより食料生産経済の幕が開けられたのです。
縄文時代、かんがい技術の進歩により始まった稲作は日本の社会をつくり上げ、「米」は日本人にとって大切な食料となり、

日本という国家の始まりでもありました。

稲作が

水辺での便利な生活を享受する術を身につけながら、人間社会は大きく発展したのである。

明は川のほとりから生まれた
洪水が文明を発展させた
川を治めたものは天下も治めた
自然をこわすと文明も失われる
かんがい施設の破壊が文明をほろぼす
縄文時代、日本で稲作が始まった
米は日本人にとって何よりも大切な食料となった
稲作が日本の社会をつくり上げた
稲作のために大がかりな工事を行った
水が引けて新しい産業が生まれた
水車が産業革命をもたらした
ミシシッピー川はアメリカの大事な交通手段
テネシー川の開発で不況を乗り越えた
水は砂漠を緑に変える
世界に稲作・かんがい技術を伝える

「水力紡績機」

私たち日本人の食生活に欠かすことのできない米。最新の研究によると、稲作の起源は中国の長江流域と考えられており、長江下流の河姆渡(かぼと)遺跡からは、約7,000年前の炭化米や、稲作に使われたと思われる道具が出土しています。稲作はここからインド、アジア各地へと広がっていきました。

日本では、縄文時代後・晩期には中国伝来の水田稲作が行われていた可能性が高いことが、近年の研究で分かっています。

弥生時代以降、水田稲作が本格的に始まり、日本各地へと急速に広がっていきます。田植えの時期には雨に恵まれ、稲が生育する夏は日射量が多く気温が上がり、稲穂が実る時期の空気は朝夕冷涼でやや乾燥している――。日本の気候風土が、稲の栽培に適していたのです。

稲作の普及に伴って、人々の生活は狩猟・採集を中心としたものから農耕中心のものへと変化。以来、単に主食としてだけではなく、祭祀や経済活動とも深く結びつきながら、米は今日まで日本人にとって特別な存在であり続けているのです。

本特集では、世界における生産・消費動向、日本における作付状況、最新のトピックからおいしく食べるコツまで、米に関するさまざまな情報を紹介します。

©  biobell All Rights Reserved.
PAGE TOP