講演とオルゴールライブ

【日時】:平成29年12月5日(火) 開場 18:30 開演:19:00
【場所】:宮崎市民オルブライトホール
【出演】:フランツ・バルトロメイ(ウィーンフィルハーモニー管弦楽団元主席チェロ奏者)、馬場紗央里(宮崎県出身ピアニスト)

PDFファイル(922KB)

フランツ・バルトロメイ

ウィーンフィルハーモニー管弦楽団元主席チェロ奏者
1946年12月23日ウィーンに生まれる。
4歳の頃より音楽芸術に深い興味を示し、最初はヴァイオリンを、そして6歳でチェロを始める。
20歳でウィーンフィル並びにウィーン国立歌劇場管弦楽団への入団を果たす。
以後45年間在籍のうち26歳より39年間主席チェロ奏者を勤めた。

馬場紗央里

三歳よりピアノを始める。
宮崎女子高等学校(現・宮崎学園高等学校)音楽科を経て、桐朋学園大学音楽部演奏学科を卒業。
大学卒業後2003年より、活動の拠点を宮崎に移し、東アジア国際現代音楽祭に参加するなど、各種演奏会に出演。
現在、music-labo、PianoBank、宮崎学園高等学校に於いて、後進の指導にあたりながら、ソロ活動から室内楽まで幅広いピアニストとして、県内外にて多方面にわたり意欲的に活動している。